2012年03月27日

偶然の出会い

どうも、わたるです。
今日は、偶然の出会いについて。


インターネットの普及や様々なサービスによって、手軽に欲しい情報を手に入れることが出来るようになった。音楽、動画、有名人の日常や専門的な知識まで、検索一発で知ることが出来る。
好きなものを好きな時間に手にすることは、人の興味を広げ、生活の効率を上げた。

しかしその反面、偶然の出会いは減った。

たとえば、映画。
僕の子供のころ、映画館に行くことは数ヶ月に一回のレジャーといった感覚で、ディズニーランドのような楽しみだった。今では前より頻繁に行くようになったけれども、未だにそわそわして落ち着かないようなワクワクがある。
レンタルDVDやYouTubeなどのサービスがほとんどない時代。映画館にあまり行けない僕の“映画”といえば、主に午後のロードショーだった。

夜9時。家族が集まって、部屋を暗くしてロードショーを見る。こんなシンプルなことがすごく楽しかった。

ロードショーのいいところは、いい作品も興味のない作品も選ばずに見ていたことだと思う。レンタルでは一生自分で借りないような作品もたくさん見た。自分が好きかどうかではなく、やっているから見る、そして家族と感想を話し合う。そんな体験の中に偶然の出会いはたくさんあった。

当時は淀川長冶さんなどの映画解説が初めと終わりについていて、“映画の見方”みたいなものを自然と学んだ。
「プラトーン」という戦争映画の解説で淀川さんが、「ヘリコプターが飛ぶシーンがすばらしい!強い風を受けて辺りの草が揺れ砂煙が舞う。その一瞬に、死体に掛かっていた布がわずかにひるがえり、死んだ兵士の顔がさり気なく映る。そこのカメラワークの見事なこと!」と解説されていたことが今でも強く印象に残っている。
そのワンカットで戦争の悲惨さや、正義とは何なのだろうという問題提議が表現されていて実に見事だ!というような解説を、あの優しい語り口でされていた。

ストーリーだけを流すように見ていたとき、“面白さの裏”にある作り手のさり気ないこだわりやディテールの見事さを教えてくれたのはそんな数々の偶然出会った映画だった。名作・駄作・奇作、今でも面白いのかわからないようなものまでたくさん出会った。でも、どれも楽しかったなぁ。

人は無駄をしたくない。失敗をしたくない。
だからなるべく失敗をしないような社会になっている。
見たいものだけレンタルやダウンロードできるのだから、時間を拘束されることもないし、途中にCMが入ることもない。失敗が怖いなら、ネットで他人の評判を見ることもできるぞ!!なんて便利!!

でも、偶然の出会いは少なくなってしまった。
知らない作品を予備知識もなくフラットな気持ちで見てたら、めちゃくちゃ面白かった!という体験が少なくなった。好きな音楽も、ダウンロードやレンタル。偶然つけたラジオに耳を奪われた!という、手にする前に出会ってしまう経験はあまりない。選んで手にする時点で、何らかの興味があるものなのだから。

人が、心底うれしい瞬間ってどんな時だろうか。
本当に湧き上がるような喜びは、いい作品を楽しんでいるときよりも、いい作品に出会った瞬間ではないかな。
出会った瞬間に自分が広がる。つまらないことも面白い。出会うことがLIVEなんだと思う。

YouTubeで、どんなアーティストを探せても、出会うんじゃなくて探しているからなんとなく感動が薄い。出会って恋愛をするんじゃなくて、好みのタイプを入力して相手を探す出会い系みたいな感覚。

思い出してみると、小学校の席替えも自由な席で友達と隣になるより、くじ引きで決めて、仲良くない奴と隣になった方がずっと楽しかったな。みんなもそうじゃない?

偶然の出会いが自分を広げる。偶然の出会いが何より楽しい。
今日はそんな、「偶然の出会い」についてでした。
最後まで読んでくれてありがとう。またすぐ書きます。


わたる
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

今日も稽古です

今日もお昼から9時間稽古です!
面白くなりそうです!

昨日は秋公演のため、劇場見学に行ってきました!
ワクワクします!

だけど。その前に!
春ワンマンをお楽しみに♫
平成24年5月19日土曜日/20日日曜日ですよ〜!


posted by 創作舞踊集団 寶船 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 萌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

愛のムチ

始めまして。
紀子です。

少し前の記事でごめんね。
2月14日付けの朝日新聞に、梅津昇一さんの(あの人とこんな話)記事が出ていた。
誰かが愛のムチを持ち、人材を育てなければ-日本人がどんどん利己主義に走る-という
くだりがあった。
「大人」と言われている私たちの中に、いったいどれくらいの人々が愛のムチを持っているのだろう。
周りを見回しても、残念ながら見つからない。
大人の幼児化が叫ばれて久しいが、幼児化のまま子供たちを強制すれば、虐待になる。
寶船を始めて、18年、連員の中にも、沢山の被害者を見てきた。
職場へバイトに来る学生も同じである。
高校・大学生になってもずっと親の顔色を伺い、自分の意見を持てない若者が多い。
大人の幼児化がこんなにひどくなったのは、私たちの世代(50代)からだろうか?
育てられたように、人を育てると聞くが、私達の世代は何も学ばないで年だけ取ったのかもしれない。
私の高校時代は、ちゃんと「先生」がいた。いつも熱く、情熱的だった。
あなた達は、未来の担い手なのよ。そう教えてくれた。
劇団に所属していた時も、20歳の若者と本気で大人たちが議論してくれた。
結局、最後まで平行線だったけど、劇団幹部と話をしていると、1人2人と劇団員やら制作部やらマネ−ジャ-やらが入ってきて、真剣な議論が繰り返された。
今でも(いや今だからこそ)自分の主張が間違っていなかったと思うけれど、色々な立場で色々な主張を聞くことが出来て、多角的にものを見る力や、知的能力が高められたと思う。
人生の恩師である橋本忍先生からは、本気で人生に挑戦している人を茶化すのは、暴力だと教えて頂いた。
愛のムチとは、親の思うような大人にすることとは、全く違う。
私自身の生き様が(かなり古い言葉かも)若者を刺激するのだ。
連員に本気で向き合うには、大変なエネルギ−が必要である。
いつ、誰がどんな問題を起こすか、わからない。
以前は、携帯が鳴るとひやひやしたものだ。
きっと、これからも色々な問題に直面するだろう。
それでも、正面を向いて、ひるまず、あきらめず、本音で付き合っていきたい。 


米澤 紀子
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 紀子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

はじめて!!!!


こんばんは!初めまして!

野口未央って言います。
連員からは“ちびみお”ってよばれてるので、
ぜひぜひそう呼んでいただけると
嬉しくってはっぴーです!
よろしくどーぞ*


じつは、私は静岡に大学があるので
ほとんど長期休みのときにしか帰省できないんです。 ちぇ

だから、
稽古もみんなに会うのも大きな舞台も
ぜんぶぜーんぶ夏ぶりなんですねー
私の中の寶船は、
去年の9月でとまってました笑
ふふふ



そしてそしてー
今日は稽古でしたよう(^q^)

またひとつ振りができました!!

たかしが考える振りって、いっつも思うけど
なんでそんなアイディア生まれるの!?って感じの
ちょー個性的なものばっかで
本人の前で言うと恥ずかいしから
ここでこっそり言っておくけど、

素直にすごいなーとか
そのアイディアはどっからきたのかとか
やっぱみんなと違うやなどなど
気になりすぎて、頭の中みてみたいくらい!
“すごい”の一言で片してしまっていいのか…
もっとピッタリの言葉があるのでは…と思いますが
いまの私の語彙力ではこれが限界だよ、ごめんね笑




そんなたかしの振りが盛りだくさんの5月ワンマン
どんなものになるのか、楽しみわくわく。


読んでくれて、ありがとう。



ほなの(^0^)/





ちびみお



posted by 創作舞踊集団 寶船 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 野口 未央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

岡本太郎美術館

寶船のみんなで遊びに来ました!


image-20120311153516.png

image-20120311153531.png

image-20120311153545.png
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

ただ今稽古中!

5月のワンマンに向かって稽古中です。
image-20120309185945.png

image-20120309190143.png
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 萌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

ムーブメント

こんばんは、としひで です。

ご無沙汰しました。前回の投稿から一ヶ月ほどあいてしまいました。

2月の前半は、仕事上でも詰まっていて、そのせいもあってか体調も優れず、インフルエンザ感染こそ逃れたものの、風邪っぽいものがこじれて長引くやらぶり返すやらで、どうにもなりませんでした。下旬はアメリカに出張に行き、そのあと間髪入れずに会議やらシンポジウムやらで、ばたばた。

アメリカの出張は南カリフォルニアのサンタバーバラというところに行ってきました。

雰囲気を少しお裾分け:
IMG_0335.jpgサンタバーバラ空港

IMG_0313.jpgカリフォルニア大学サンタバーバラ校のキャンパス

大学院の時の恩師たちに会って一緒に研究をするプロジェクトの相談をしてきました。毎日いろんな人とじっくり話をしたので、ゆっくりとビーチを歩くこともできませんでしたが、春先のような陽気の古巣に戻るのはよかったです。

さてさて、寶船は今、春ワンマンに向けて稽古を重ねています。やはり、目標に向かってみんなでがんばっているときには特に寶船が持つムーブメントを作る力・可能性にワクワクします。そこで、今日はムーブメントについて。

ムーブメントというのは、ビジョンははっきりさせ、明確に伝えていくことで起きていく。ただ、世の中をでっかく変えるムーブメントは、直接手を下して起こすことは難しい。

大きな雪崩を直接手を下して起こすことが難しいのと同じこと。
直接手を下せるのは、あくまで自分の手が届く小さな範囲の動き。

実際の手で作った小さな一握りの雪玉が結果として大きな雪崩を起こすことはある。それは現実の物理的連鎖が重なって起こる物理現象で、魔法でも奇跡でもない。けれども、こうした連鎖は方向性も規模もコントロールできない。

同じように、一つの活動が一握りの人たちにもたらす影響が、連鎖によって結果的に大規模な社会的変革に繋がることもある。だが、やはり、その方向性も規模もコントロールはできない。ドミノ倒しのように、直接手を下すのは最初のドミノをコツンと倒すだけで、後はそれが広がっていくのを見るだけ。

だから、社会的なムーブメントについては、最終形態にこだわることはあまり意味がない。

ムーブメントを起こしてやろうとどれだけ意気込んでも、実際にやっていけるのは、周りにあるチャンスを活かしながら、特定の小規模のグループに向けた具体的な働きかけを繰り返して行くことのみ。

活動の結果が大規模なムーブメントに結びついた時は、逆に気をつけどころ。活動の形態を大規模にする要請が高まり、イベントならばより大きなホールで何千・何万の大聴衆を相手にやってくれと言われたりするかもしれない。でも、そうなると、伝達がうわずり、活動の生身のインパクトはかなり低下するような気がする。社会的インパクトは高まるように見えるが、それはマスコミなどが騒ぎ立てるからであって、個々の人への心のインパクトは落ちる。

メッセージのインパクトを保つためには、「生の伝達」が感じられる、ローカルで小規模な活動を重ねていくことが大切。

今日は、ムーブメントについて考えてみました。

としひで
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 中山 俊秀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

ライバル

お久しぶりです。
めぐみです。

突然ですが、あなたにはライバルはいますか?
憧れはありますか?

普段、何を目標に、何を超えるために行動しているでしょうか?

周りの人たちは、良かれと思って色々なアドバイスをくれます。
それらの内容は理に適っていることが多いので、なるほど〜と思うことも多いと思います。
だけど面白いことに、複数のひとから、両方とも理に適っているのに、何故か対立するアドバイスをもらうこともあります。

そして、一番多いのは、「言っていることはよくわかるし、正しいとも思うけど、心情的に腑に落ちないこと」かもしれません。
自分では良かったと思っていたのに、周りの評判はよくない。
自分ではよくないと思っていたのに、周りにはやたらと褒められる。
とかね。

それは、自分の理想と違うからなのではないか?
と思うんです。
周りの人には、思い描く理想がわかるとは、必ずしも言えません。
だからアドバイスも、自分の理想に近づく糧になるとは限りません。

だからこそ、本能的に「なんか違うんだよな。。。」と思うのではないかと思うんです。
自分の行きたい方向とズレてる気がする。。。
と、実は気が付いているのかもしれません。

ならば、自分の理想へ向かうアドバイスを聞きましょう。
進むべき未来は自分にしかわかりません。
だからこそ、どのアドバイスを聞くかが、大きな問題になってきます。

「理想」は、「なりたい自分の姿」は、具体的にあるでしょうか?

意外と怖いのは、憧れをそのもの自分の理想だと思ってしまうことです。
確かに、目に見える憧れは具体なものです。
でも、待ってください。
憧れはあなたではありません。
生まれ育った環境・・・どころか、根本的に同じことは一つもありません。
絶対にその人にはなれません。
まあ、当たり前のことですが。

憧れがあるのは凄いことです。
生きるモチベーションになります。

しかし、その憧れが人や「もの」であった場合、どうやっても超えられないことが多いでしょう。
だから、場合によっては劣等感に苛まれることになります。

では、どうしたらいいか?

私は、自分の最大の憧れであり、最大のライバルは、未来の自分、理想の自分であると考えます。
将来の自分の姿はどうなっていますか?
どんな自分が見えるでしょうか?

自分の姿を考える時に憧れを参考にするのはいいでしょう。
未来はまだ決まっていないのですから、無謀な位の理想でもいいでしょう。
その姿がより輝いてさえいれば。

その未来の自分は今の自分にどんなアドバイスをするでしょうか?
誰と比べるよりも、未来の自分と張り合いたいものです。
未来の自分は、「自分」ですから、必ずなれます。


私は、その、いつかの自分と張り合って、より高みへ上がりたいと思います。

posted by 創作舞踊集団 寶船 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 萌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。