2012年07月22日

阿波踊りというものがだんだんわかり始めた。

昨日は今年の夏の本番一本目の経堂だった。なかなかの幸先の良いスタートだったと思う。

そして何よりも、僕はここ最近阿波踊りという芸能の素晴らしさを改めて実感している。
昨日冗談で連員に「僕十八年もやってきたけど最近阿波踊りの楽しさがやっとわかってきた。」みたいなことを言ったけど、あながち冗談でもない気がする。
この世の中にここまで生身の“人間”のぶつかり合う芸能があるだろうか。誤解を恐れずに言うと、技術とか動き方とかそういうものはあまり関係ない。まさにそこに人間がいて、いかにその人間というものを瞬間的に放出するかの勝負である。

阿波踊りっていうのは「俺が今ここに生きているんだ!!」という意思表示だと思う。何より大事な事は自分という人間を全部出すこと。しかしこれがものすごく難しい。自分を表現出来る人間はこの世に自分しかいない。その自分という人間も毎分ごとに成長していくわけで、だとすると自分が生きていく限り阿波踊りの完成などないのだ。自分の成長に合わせて阿波踊りも成長していかなくてはいけない。だから僕は阿波踊りが上手くなる方法は、
「一生懸命生きる」
ということだと思っている。
振付とか衣装とか基本的な技術とかそういうものはもちろん大事な事なんだけれども、あくまでそれは受け皿であって一番表現しなくちゃいけないものは人間である。
この世の中には沢山の芸能がある。それらはほとんどの場合経験や技術がものを言うことが多い。もちろん阿波踊りだってそういう側面もあるが、必ずしもそれだけじゃないから面白い。
時には阿波踊り歴二日目の人が二十年目のベテランに勝ってしまうことだってあり得る。これだから阿波踊りは面白い。

しかし、ちょっと屁理屈に聞こえるけれども技術はあまり関係ないとはいえ、“人間を表現する”という技術もまたある。
つまりそこが阿波踊りの伝統芸能たる由縁なんじゃないかと思う。阿波踊りは動き方や形ではなく、心を伝達する芸能である。その心の部分に関しては今までもこれからも決して変わることのないものだ。そしてその心を表現するにはある程度の技術がいる。本当の意味での阿波踊りの技術っていうのはそういうことだと思う。阿波踊りという芸能はそこをこれからも伝達していかなければならない。だから阿波踊りはただのアバンギャルドではない。江戸時代の人も今の人も同じ心で踊っている、という伝統をこれからも意識していかなければいけないと思う。阿波踊りは形ではなく、心を伝達するものであるからこそ、伝達することがものすごく難しい。だからこそ僕たちのような今の人達が頑張らなくてはならないと思う。

夏はまだまだ始まったばかりだ。とてもわくわくする。



たかし
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

特別な夏

ちょっとでも嫌なことがあると、「自分はなんて恵まれない人生なんだ」と思う。

また逆に、
ちょっとでも良いことがあると、「自分はなんて幸せな人生なんだ」と思う。

一見、人の人生観というものは、まるで今までもこれからも変わることが許されない程に揺るぎないものだと思いがちだが、案外人というのは、目の前にある景色だけで生きているような気がする。
目の前で雨が降っていたら、明日晴れる事なんて想像もつかなくなってしまうし、晴れていたら雨の事なんて考えないで、洗濯物を干すものだ。

人はバーゲンセールと言われるだけで、普段は絶対に買わないようなものを買ってしまう。「通常は2万円ですが、本日に限り特別価格の1万円です。」と言われるとついつい買ってしまうことがある。しかし、1万円だって十分高いことに気づくまでには時間がかかる。

心理テストで「あなたはたとえ一人でも人の意見に振り回されない一本筋の通った人物です」と言われると、「あぁ当たってる」と思うし、
心理テストで「あなたは人の意見をちゃんと聞き誰よりも仲間を大切にしている優しい人物です」と言われても、「あぁ当たってる」と思う。

要するに人は人生というものを、まるでさも分かっているような顔をしても、実は一秒後だってわかりはしないのだと思う。

西も東もわからないこの状況でとりあえず一歩目を踏み出すきっかけになるものが、コンパスである。
人が生きる上でのコンパスというのは“思い込み”であるような気がする。

「恵まれない人生だ」と思い込むと、恵まれない人生になってしまうし、「幸せな人生だ」と思い込むと、時に本当に幸せな人生になったりするかもしれない。

大っ嫌いだったあいつがちょっと何かあっただけで大好きになってしまったり、昔欲しくなかったものが、今は一番欲しいものだったりする。

全部思い込みだ。

成功も失敗も、幸せも不幸も、ポジティブもネガティブも、好きも嫌いも、思い込み。

その“思い込む”がいつの日か“信じる”に変わり、それがいつの日か“ほんとう”に変わる。

この世に特別な人なんていない。この世に特別価格などない。
その人が“特別”だと思い込んだ瞬間に、それは“特別”に変わる。



今日から寶船はいよいよ夏の本番だ。今年もいよいよ夏がやってきた。



今年の夏は特別で最高の夏になる。

と、僕は思い込む。






たかし





posted by 創作舞踊集団 寶船 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

秋公演稽古中!

ただいま、秋ワンマンの稽古中!!
台本が一部上がってきました!
楽しみです。
今回はまたさらに違った公演になりそうです。
阿波踊りシーンもいっぱいありますよ!

寳船 秋公演 「門は開かれ」
9月20日木曜日/21日金曜日
開場 6時30分
開演 7時
会場 仙川劇場


image-20120708155203.png

image-20120708155218.png
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 萌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。