2011年11月28日

夕日の力

沈む夕日の力はすごい。

その美しさが人の歩みを止めさせて、その光景に見入らせる。

UclueletSunset1s.jpg




幸せな人、不幸せな人、楽しいことがあった人、辛いことがあった人、二人で一緒に見ている人、ひとりぼっちで見ている人 -- 人はいろいろな気持ち、いろいろな境遇にあるのに、その人たちみんなを引き留める。

夕日は感動させる人を選ばない。
夕日は何か「意味」を伝えようとしているわけでもなく、感動させようという作為があるわけでもなく、感動することを押しつけもしない。ただ見ている一人ひとりにそれぞれの思いを与える。うれしい人にはうれしい感動を。哀しい人には哀しい感動を。人々に降り注ぐように働きかけて、様々境遇の人々を丸ごと優しく包み込む。

この美しい夕日のように、無差別に人の足を止め見入らせる力を持ちたい。
いろいろな事情を持ち、いろいろな喜びと悩みを背負った人たちに、それぞれの形でしみこんで、温かい思い、力、愛情をわき上がらせる、そんな力を持つものを生み出していきたい。無差別で、有無を言わさぬ圧倒的な美しさと豊かさをもったものを。
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 中山 俊秀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。