2011年12月13日

無謀であれ。

同級生に久々に会ったとき、なんとなくみんな疲れていた。
「仕事大変なんだ?」と聞いたら「社会人なんてみんなそうだよ」と言ってた。
あたかも"大人になることは嫌なことを無理にすること"のような雰囲気、なんか寂しかった。
みんなお酒を、飲むのが好きなんだそうだ。何よりも楽しいと言ってた。俺だって楽しかった。けど、さびしさの方が大きかった。

多くの大人は、石橋を叩き過ぎる。不安感からか、未知数な未来を未知のままにしておけなくなってしまうのか。
「ああ、この人無謀なこと言わないだろうな」と思うと、それ以上話せなくなってしまう。諦めた匂いのする笑顔がいたたまれないから。

外に出ると、ちょうど月食が見えた。らんらんとした月が少しづつ陰っていく。そこに友達も群がり、ポカンと口を開けてた。新宿は風が冷たかった。

男は、でっかいものが好きだ。根拠なんか無い。でっかい恐竜、でっかいウルトラマン、でっかいロケット…。
今だってそうさ。でっかい海、でっかい山、でっかいスカイツリー、もちろんポテトが全サイズ150円なら迷わずLサイズ。
同級生だって、みんなでっかいものが好きなはずだ。ジョッキを次々と握る拳が、それを物語っている。
男はみんなでっかいことをしたいと思っている。

俺は怖がりだ。俺だって石橋を叩いて渡るような性格だよ。
でもさ、もう失敗の選択肢を増やすのは十分、やりたいことなんて、スタート地点から見ればミッション・イン・ポッシブル。だからハラハラするんだろ。

中央線、つり革に全体重をかけてコクリコクリと忘年会帰りのサラリーマン。ガタゴトガタゴト、おしくらまんじゅうの中で、俺は自分自身に言ってた。

石橋を叩くな、思いっきりぶつかれ、ビジョンは鮮明に見ろ、無謀なことを言え、無謀を楽しめ、大人になってもでっかいことを愛せ。

無謀であれ。


毎日が勝負さ!
デカいことしような!


わたる




posted by 創作舞踊集団 寶船 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。