2012年05月18日

最近見た映画の感想A

わたるです。
映画の感想の続きです。


「エレファント」
2003年、ガス・バン・サント監督

1999年に米国のコロンバイン高校で起きた銃乱射事件を基に作られた作品。
独特の、時間軸を複雑に入れ替えた手法でまとめてあり、映画としてすごく斬新。
通常の映画よりもワンシーンが長く、中盤まではどこにでもある高校の日常を垣間見ているような気分になる。
日本にもいるであろう様々な学生達が廊下で交わりながら時間は紡がれる。すると"あの事件"。実にあっけなくそれは起こる。
呑気な自分がそこにいればいるほど、そこに何も感じなかった自分も同罪のような気分がしてくる。さらっと、しかし深い衝撃が身体を走る。
僕は正直、最初この映画がよくわからなかった。ハリウッド映画に代表されるような、シーンごとに物語が展開していく作品ではなく、なおかつわかりにくい。間伸びすら感じた。でも、胸の奥で何かが引っかかる。次の日にも余韻が残っていた。
翌日もう一度見直し、特典のガス・バン・サントの話を聞く。この映画は通常ならカットする無駄なシーンをたくさん入れたという。脚本もなくあったのは流れだけで、登場人物の学生も俳優を使わず高校生をオーディションで選び、アドリブで喋らせシーンを繋いだそうだ。
なるほど!僕が感じた「エレファント」は、意図的に作られた静かな闘争だったのだ。
収められたリアルタイムの若者は虚無感に溢れていて、すごく息が詰まる。異常に見える物事も、必ず日常の上にある。
以前、秋葉原の無差別殺人事件の時、テレビのコメンテーターが犯人をモンスターに例え、「異常なモンスターの心境なんて考えたって無駄」と言っていた。犯人に同情してはいないのに、なぜかすごく悲しかった。
秋葉原でもコロンバイン高校でも、そこにいるのは僕らと同じ生き物で、突然変異でモンスターが現れたはずがない。「エレファント」は、そんな僕の引っかかりを受け止め、突き付けてくれた。
映画のキャッチコピーは、
「キスも知らない17歳が、銃の撃ち方は知っている」
最高なコピー。キスの経験がないことを告白し、事件直前に男同士でキスをするシーン、すごく印象的。
この映画は特定の人に感情移入がしにくい作りになっている。見る側は俯瞰で若者を見る。そこにこの映画のマジックがある。本編は80分程度。このあっけなさも見事。

タイトルのエレファントは複数の意味が込められているが、「Elephant in the room」という慣用句からきているそうだ。象の置物が部屋にあるという意味で、「異常なものが日常にあっても誰も見向きもしない」というような意味だそう。

ガス・バン・サントは、「グッド・ウィル・ハンティング」も好き。見たのがかなり前だからまた見たいなぁ。「ミルク」もすごく良かった。
中学生の時にリバー・フェニックスがものすごく好きだったから「マイ・プライベート・アイダホ」を見たけど同性愛の内容が当時はよくわからなかった。今見たらわかるかなー。
話は脱線するが、その頃はリバー・フェニックスが好き過ぎて、男なのに写真集を買ったほど。今思えば変な中学生。センチメンタルなたたずまいや早過ぎる死という儚さが当時の自分にフィットしたのだろうか。尾崎豊やジェームズ・ディーン、ジミヘンやジャニスなどのロックスターも同じように、いつの時代も思春期はセンチメンタルな早死にのスターを追いかける傾向がある。



長くなっちゃったので次の映画の感想はまた書きます。


わたる


今週末のワンマン、よろしくお願いします。

――――――――――――――――――――――

■公演名
創作舞踊集団 寶船
2012年 春公演「安らかなる選択」

■日時
・2012/05/19(土)夜の部
開場/開演 18:30 / 19:00

・2012/05/20(日)昼の部
開場/開演 11:30 / 12:00

■料金
2,000円(1drinkサービス付)

■会場
SARAVAH(サラヴァ)東京 
〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 渋谷クロスロードビル B1

■お問い合わせ■
ご質問などありましたら、気軽にお問い合わせください。

創作舞踊集団 寶船(たからぶね)
http://takarabune.org/
Mail:info@takarabune.org


posted by 創作舞踊集団 寶船 at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。