2012年06月04日

行動派になる秘訣

こんばんは、としひで です。

春のワンマン、楽しんでいただけましたか。お会いできた方々、持ち帰っていただいたトロピカル、みなさんの生活にどんな香りをもたらしているでしょうか。今回お会いできなかった方々、次回もまたすばらしい贈り物をおわけしますので、お楽しみに。

さて、今日は心配性の僕が行動派になろうと試行錯誤を繰り返した末に気がついたことをお話ししようと思います。

だれでも、自分の力を最大限に発揮したい!と思いますよね。

そんな時には、どうすれば力が発揮できるのか、何をやればよいのかなどと考え込まずに、とにかく行動することだ、とよく言われます。僕も頭ではそれがわかっていたつもりだったのですが、これが以外と難しい。どんどん行動していくというのはどういうことで、どうすればできるのでしょうか。考えずに闇雲に体当たりするということとは違う気がします。いろいろ思い切ったことをしてみたり、試しにやってみたりはするのですが、行動することでバリバリ切り開いていくということはなかなか継続的に続けられませんでした。

わかりにくいのは―少なくとも僕にはわかりにくかったのは、それまで悩み性、心配性だった人が行動派に変わっていくためには、体を動かそう!と意気込むだけでは難しい部分があるということです。悩まず行動しよう!とやりはじめても、結局次々と心配やら不安やら後悔やら自己批判やらが沸き上がってくると行動する自分はすぐに疲弊してしまうんですね。実際、僕も不安やら自己批判がきつい方なので、行動するときはやること自体の大変さの上に自己不信の重荷を背負ってやってきました。そこで感じる「重荷」が、何かを行動に移すときの大きな足かせになってきたのです。

そのことにやっと最近気がつきました。

そして、それと同時に、大事なのは今を生き抜こうとしている自分が力を最大限出せるようにとことん応援するということだ、ということがわかったんです。

リアルに事が動くのは「今」だけ。それ以外は、将来への立派そうな予想も不安もみな想像だったり、夢想だったり、取り越し苦労だったり、思い込みだったり、過去に対する批判もみな無責任なコメントだったり、妄想だったり、現実の光の中では雲散霧消してしまうような実体のないもの。そのリアルな「今」に立ち向かっている「自分」が唯一の望み。一番正しく、一番偉い。その「今にたちむかう自分」にその力を最大限に出してもらわなければ、これからの自分もないんです。すばらしいはずの未来の自分や想像上の自分と比べて「今に対峙する自分」を小馬鹿にしてないがしろにしたら、「自分」自体がなくなるんです。だから、「今に対峙する自分」が一番偉い。

だから応援するんです。「今に対峙する自分」は全肯定で出発です。

これは自分に甘くすることとはちがいます。今を力一杯生きようと歯を食いしばることは大前提。その上で、そうしている自分を大いに応援しようと言うことです。「今に対峙する自分」を自分がたたいてどうする。他人のように批判してどうする。そういうことです。

詰まるところ、バリバリ行動して切り拓いていくパターンを作って自分の力をめいっぱい発揮していくには、「今に対峙する自分」を精一杯応援することで「今」を生き抜く戦いを心置きなく力一杯闘わせてあげるということ。そう思ったら腑に落ちました。

としひで でした。
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 00:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 中山 俊秀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 履歴書の書き方 at 2012年06月07日 11:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273352307

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。