2012年08月22日

阿波踊りの可能性 4

渉です。
前回は、演者に必要な3ティー(ポピュラリティー、オリジナリティー、アイデンティティー)のお話でした。

さて、今回から実際に寶船はどんな方法で阿波踊りを考えているのかを書いてみます。
今日はブレインストーミングという思考法のお話です。

昔から寶船の連長はクレイジーな発想を好む人です。「予定調和」を何よりも嫌い、そうなることが予想される場合、わざと混乱やアクシデントを起こしたりします。

子どもの頃から『「今日の公演は上手く行きそうだな」と安易に思ってる時が一番つまらない。アウェーで、もがいてる方がよっぽどいい。』といつも言われてきました。
練習してきたものが、本番で練習通りに出来たら、演者の予想内です。それでは、なんとなく満足しません。
練習と違うものになっても、演者と観客の間に化学反応が起きたら、仮に失敗であっても成功。普通と考え方が逆ですよね。

そんな連長だから、アイデアも極端なものが飛び出します。笑い話をしながら、「いや、それはダメでしょう」という話をしてたら、いつのまにか採用されてたりするのです。

「ブレインストーミング」という考え方をご存知でしょうか。
アレックス・F・オズボーンという方が考案した考え方です。
そのものの常識を出し、それを極端に反転したり誇張したりしながら、新しいアイデアをひらめく思考法です。
このブレストは様々な企業で採用されているといいます。芸能的な例では、あの「シルク・ドゥ・ソレイユ」もブレストで成功した団体だそうです。
シルクドゥソレイユは、結成当時常識だったサーカスのイメージの真逆をやりました。
具体的には「ピエロが登場しない」「チケットが高い」「動物が出てこない」「ストーリーがある」「高所得者がターゲット」などです。
これをブレストで導き出し、大成功を納めました。

これを僕は「白熱教室」というテレビで見ましたが、それよりもずっと前から寶船では同じような考え方を行っています。

野外の夏祭りが阿波踊りの常識である中、連員の反対も押し切ってライブハウスで阿波踊りの自主公演をやりました。和楽器の爆音に激しいパフォーマンスはライブハウスとの相性もよく、数々のバンドをプロに導いた店長からも大絶賛されました。
浴衣で踊るのが常識の中、全員スーツとハットとサングラスで、ブルースブラザーズのように踊ったりもしました。
太鼓や鉦で踊るのが常識である中、前回のワンマンで演出家の陸は、あえて全く違うジャンルの音楽で踊る演目をメインに持ってきたいと言い出しました。

これらは全てブレストの思考法のように、常識の真逆はなんだろう、誇張したらどうなるだろう、どうしたら驚くだろうと考えて導き出したアイデアです (本人達は無意識かもしれませんが)。

さてここで、阿波踊り界のさらなる発展のために、阿波踊りのブレストを一緒に少しやってみましょう。
(これは例としてやるだけなので、阿波踊りとかけ離れた極端なものが飛び出しても怒らないで下さいね!)

まず、阿波踊りの常識をいくつか出してみましょう。
今僕が思い付いた順に箇条書きしてみます。

1 鳴り物で踊る
2 有名連は人数も多い
3 和楽器を使う
4 鳴り物と踊りは担当が区別されている
5 浴衣や法被で踊る

まあ、今とっさに出てきたのはこんなところでしょうか。

ブレストは色々な方法がありますが、今回はわかりやすく、真逆を考える方法でやってみます。
コツは、なるべく固定概念に縛られないように、アイデアを出す時には無秩序にすることらしいです。阿波踊りならば、伝統芸能ということすら、考える時は無秩序にしましょう。なるべく自由に面白がるのです。
では、やってみます。


1 鳴り物で踊る

これは逆にすると、「鳴り物で踊らない」ですね。掛け声だけで踊るのでしょうか。手拍子かな?歌を皆で歌っても面白そう!
「踊り手全員が掛け声を叫びながら、演者と観客が一緒に手拍子をしている。そして大合唱しながら踊る」
どうですか?面白そうでしょう!
(寶船は似たようなことをやってますが…笑)


2 有名連は人数も多い

これは逆なら「有名だけど人数が少ない」ですかね。阿波踊りやってる人なら真っ先に思いつくのは四宮賀代さん率いる「グループ虹」ですね。
数人のユニットで、全員大人気ってカッコいいですよね。テンプテーションズみたいな…例がおかしいですかね。チームナックスみたいな。スマップみたいな。嵐でもいいですよ。まあ、他にもたくさんありますよね!
鳴り物も入れて、バンドのように数人のグループでもいいですね。6人くらいで。鉦1人、締1人、大太鼓1人、踊り3人ってどうでしょう!面白そう!
もう一歩踏み込んで、鳴り物は通常通りたくさんいるんだけど、踊りだけ少ないってのはどうですか?鳴り物50人に踊りが1人とか!もう、マイケル・ジャクソンレベルの演出で!ド迫力の鳴り物にソロ1人!これも面白そう!


3 和楽器を使う

逆にすると「和楽器を使わない」。
寶船もいつかニューオリンズで本場のスイングジャズとコラボしてみたいんですよね。スイングやシャッフルのノリは、阿波踊りとかなり近いと思うんですよ。吾妻光良&スウィンギンバッパーズみたいなバンドがバックにいたら最高なんですけどね!
もっと極端に、ヒップホップで踊るってのはどうでしょうか。新境地ですね!どうなるんだろう!ハードロックでもいいですね!ツェッペリンが生演奏でバックバンドしてる阿波踊り。すげえ!
あと、本当に寶船でやろうと話してたんですが、和楽器じゃなくてバケツやタライやドラム缶を叩いて踊るって面白そうじゃないですか?ブロードウェイミュージカルで「ストンプ」ってのがありますよね。それの阿波踊りバージョンです。上手かったら相当カッコいいと思います!


4 鳴り物と踊りは担当が区別されている

寶船は、基本的に鳴り物の人も踊るってのがルールなんですが、これも他の連には意外とないですよね。個人的には、両方やってる方が絶対カッコいいと思うんです。今締太鼓叩いてた人が、太鼓置いて踊り出した!って、観客から見たらアガると思うんですよ。
ステージなら、舞台上に大太鼓を置いて、踊りながら叩くってのもやりたいです。
和太鼓集団でやっている方もいらっしゃいますが、阿波踊りでは見たことないですね。阿呆連さんの阿呆囃子は、踊ってはいないですもんね。踊っても絶対格好いいと思います。
そういえば、エイサーは手で太鼓叩きながら踊りますね。ああいう方法もありだと思います!
まだまだ色々アイデア出そうです。


5 浴衣や法被で踊る

スーツはすでに寶船がやりましたね!かなり人気でした。今年の春に下北沢天狗祭りに出演した時も、連長の指示でスーツにハットで踊ったんですが、すごく反応が良かったです。
ダンスチームのコンドルズさんみたいに、学ランで踊ってもカッコいいですね!
あと、和太鼓の鼓童さんのように、上半身裸で踊るのも面白そうですね。下はふんどしでもいいですね。僕はひょろいのでマッチ棒みたいになりますが、ガタイのいい人ならカッコいいと思います。
実は前回の寶船のワンマンでは、「男のストーリー」という上半身裸で踊った演目がありました。それは笑い方向だったので、あえて細い僕も出ました。細すぎてかなり笑いが取れました。そういうやり方もありですね。
あと、昔のデビット・ボウイみたいな奇抜な衣装も憧れます。一流のデザイナーさんならどんな衣装をデザインするのか見てみたいですね。寶船がもう少し有名になったら、本気で山本寛斎さんにデザインを頼みに行こうと思ってます。


さて、今回は例ということで簡単に考えてみましたが、それでも面白そうなアイデアがたくさん出ました。
これを組み合わせたり、誇張したりしてもっと実用的な形に変えていくのです。
ブレインストーミングについては様々な書籍があり、ネットでもたくさん解説がありますので、興味があったら調べてみてください!
「オズボーンのチェックリスト」と検索しても色々出てきます。

このブレインストーミングをぜひ参考にして、もっともっと色々な面白い阿波踊りが登場してくれればいいなと思っています。
阿波踊りの可能性は、無限にあります。
一緒に頑張りましょうね!


わたる






posted by 創作舞踊集団 寶船 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。