2012年10月18日

自分の問題意識を大切に

としひで です。

先日、社会問題を学び主体的に考えるためのスタディツアーを作っている面白い団体(>リディラバ)の説明会で面白い話を聞きました。

いろいろな社会問題がマスコミに取り上げられたりしているのになぜ解決しないか。
それは、人々がそれらの問題を話題として消費するにとどまり、主体的な関心を持っていないから。

この「問題の消費」という見方が、まさに!でした。ということで、今日は「問題意識」について考えたことを。

問題意識は自分の生きる方向性、意識の仕方、価値の置き方や選び方を決めるもの。
ある意味、自分の生き方すべてを方向付けている。しかし、そこを以外と考えていない。

社会問題にしても、学問的問題にしても、多くの人は、マスメディアにしても論集などにしても、周りの権威が選び作ったものを拾い上げ、それに反応し、声を上げる。

確かに、今社会で起こっていることを敏感に感じ取るセンスは大事。でも、それは、誰かが形作った「問題意識」の流行りに乗ることとは違う。流行りに乗って盛り上がるのは、単に「問題」を消費しているにすぎないのだろう。

消費しているときはその問題は盛り上がりの「お題」にすぎない。そこでの議論も通り一遍の水掛け論や悪者探しなど、単なる炎上になってしまいがち。そして、ひととおりおもしろがった後は次の「お題」に移り、盛り上がる。

同じ問題に関心を持つにしても、問題意識のアングルは人によってかなり違うはず。一人ひとり独自の、主体的な問題意識が重なったのなら、もっと幅広い解決策や建設的な議論も起こるはずだろうし、粘り強い議論も続くだろう。

問題自身の情報だけでなくそれを取り巻く議論の情報も大量に渦巻いている今の情報社会、流通する問題意識に足をすくわれやすい。そんな中だからなおさら、他人に問題意識を預けないように注意していたい。はやっているからではなく、自分の感性で真に引っかかるものを「問題」として意識したい。

自分の違和感を大切にしよう。

としひで でした。
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 中山 俊秀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。