2012年01月11日

意味ある人生を送ろう〜

皆さんこんにちは!
ちょっと遅いけど、とにかく明けましておめでとうございます!
素人ダンサールベンです。
今年もこのブログにて色々ばかげたな話をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします〜!

いや〜、やっと2012年が着ましたね。
今年って最後なのかな?2012年と世界滅亡に巡って様々な予言がありますね。言わば、マヤ文明によって2012年は我々の世界のThe Endだそうです。もちろんこういう話はでたらめに過ぎないのであまり心配しなくてもいいと思います・・・が、仕方なくなんか考えさせられます!

例えば・・・

今こそこのブログを読んでいるあなた!
もし明日は世界が終わったら、どうしますか?

俺はね、世界が終わったらもちろん「悔しいな・・・!」とか「えぇ?もう終わりか?」とか思うかもしれませんけど、実はそんなに構わないと思います。言うまでもなくまだまだ世界は終わって欲しくないけどね(笑)。行ってみたいところ、見てみたいもの、会ってみたい人、やってみたいこと、叶えてない夢がまだ山ほどあります。寶船の本番に参加でず世界が終わったらもったいないだろう!

でも、仕方なく世界が明日は滅亡してしまったら、確かに「まぁ、いいか」と思ってしまう、俺は。なぜかと言うと、俺の人生ってなんとなく意味があったと思うからです。もちろんこれで十分じゃないけど、まだまだ夢がいっぱいあるけど、少なくても今までのことで満足しています。だから世界が終わってもそんなに構いません。

気がつきましたのはこの間でした。

今年の初稽古の連長の話を聞いたら気がつきました。さすが連長。稽古にはあまりしゃべらない人だけど、話すと彼の言葉はいつも的の真ん中に当たる。連長の話を聞くといつも「やっぱりそうだ!」って思いさせちゃう。

とにかく、意味のある人生を送るために「楽しい」、「新しい」、「面白い」ものをやらなければいけない。面白いものをやるために「好奇心」と「勇気」が必要です。それさえあれば人生が面白くなります。価値のある人生になる。意味のある人生になる。だから明日でも世界が終わってもどうでもいい、ここまで生きて良かったと思います。ここまでやって来て時間の無駄ではなかった。やっぱりこの俺の人生って意味がありました。明日こそすべてが終わっても悔いは無し。

そしてこれからも意味のある人生を送って行きたいと思います。でかい夢を抱いて、面白いものを沢山して、色んな人に会って、新しいものがいっぱい発見して、自分の制限を挑戦して、価値のある人生を送りたい。言うまでもなく、俺の面白い人生の中に寶船はとても大事な存在です。勝負はこれから、これから〜!

そしてこのブログを読んでいるあなた!
意味のある人生を送っていますか?
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ルベン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

なんか足りない・・・

皆さんこんにちは〜
昨日ブログを書き忘れたルベンです!
よろしく〜!

クリスマスや年末が迫って来るね。
皆さん楽しみにしていますか?ワクワクしていますか?首を長くしてサンタさんを待っていますか?紅白歌合戦を観たくてたまりませんか?

俺はさ、正直に言えば別に楽しみにしていない。
クリスマスなんてどうでもいいよ。

俺は本当に楽しみにしているのが・・・


・・・


・・・寶船の次の稽古です!!!

先週って今年の最後の稽古で、来年まで稽古なんてないからね。切ないな・・・寂しいな・・・空しいな・・・稽古のない日々はつまらない。よく考えば俺って阿波踊り中毒者になってしまたかもしれません。阿波踊りの週課がないと気がすまないね。あぁ、来年まで待つしかないな〜悔しいな〜我慢できるのかな〜

とりあえず1月の六日まで一人で練習しかないね。皆さん、年末で井の頭公園の周辺に「あやっとさ」とか叫んでいる変な奴を見かけたら慌てないでね。阿波踊り中毒者のルベンですから(笑)。

じゃぁ、ブログの読者の皆さん、feliz Navidad〜♫(スペイン語でメリークリスマス)!
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ルベン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

大自信

皆さんこんにちは〜!
またルベンです、よろしくお願いします〜

今週はサッカーについて話したいと思います。
いや、いや、こういう話でもブログのテーマと関係がありますよ、心配しないで(笑)。

では、続きましょう。俺はスペイン人でいて、仕方なくサッカー好きです。
サッカーが好きじゃないスペイン人がほとんど居ないですね。およそ2,3人しかないだろう。昨年4人目の奴が発見されたらしいけど、実は彼もこっそりでレアルマドリッドの試合を観てしまうのではないかと疑われている(笑)。やはりスペイン人ってサッカー馬鹿だね・・・それだけで俺の「スペイン人さ」がばれてしますかも。

とにかく、先週の土曜日はバルセロナ対レアルマドリッドの試合を観ていて、日本と欧州との時差のせいでちなみに徹夜で画面の前に座っていました。毎年毎年あの試合って本当に最高の最高ですから。サッカーファンのみんな熱心に盛り上がる大イヴェント、年中に首を長くして期待している日付。最強のライバルの合戦。日本でしたら巨人対タイガーズを考えればなんとなく分かると思います。更に俺はバルセロナのファンで、マドリッドのこと心の底から嫌悪して、この試合を本当に楽しみにしていました。

しかしなんか不安でした。今年のバルセロナって強いは強いですが、リーグの最初からいつも1位〜3位の中に居たのも確かですけれども、専門家によると享年と比べればそんなに優れたプレーやってないらしい。以前の天与のパワーが失ってしまった感じがする。大チャンピオンの支配はもうそろそろ終わり。更に今回の試合ってバルセロナはアウェーです。世の中の意見は一致。マドリッドの時代が迫って来る。バルセロナは自身の制限にいたった。

俺でもそう思った。

この一般的見解を無視したのがバルセロナの選集と監督さんだけ。

彼らが実は自分の能力に信じていました。いつもように自分自身を信じて、自分のパワーを十分に知っていて、自信満々でした。回りのみんなに疑われていても、フィールドに上がるとちっとも焦らずにいつもの素晴らしいサッカーをやって、マドリッドを圧倒的に打ち倒して、信頼してくれなかった世の中に明白なメッセージを送り出した。「チャンピオンは俺らだ。結果は当然だ」。

確かにそうですね。人目を気にせず自分の才能、自分の魅力を信頼しなきゃ。スポーツの世界だけではなく、踊りにも人生にも自分を信じるのは意外と大事なんです。更にチームワークの活動の場合にも、自身と仲間の力を知ってて「自信」が生まれる。腕があるから、舞台に上がるとその腕をみせれば大丈夫。自分を信じなきゃ。仲間を信じなきゃ。自信があれば、何の制限でも越えられる。「Impossible」なんて無い。それこそはバルセロナが教えてくれたレッソン。

人生って自信の問題だ!

以上、ルベンでした
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ルベン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

最高のセラピー

皆さんこんにちは〜
踊りセンスもリズム感もない阿波踊り完全な素人、ルベンです。
よろしくお願いしま〜す!
この一週間は元気で居られましたか?

正直に言えば・・・俺はまぁまぁでした。
今週色々ありましてね。男はつらいよ、本当に!つらいよ!
だからこそ金曜日なんて首を長くして待っています。なぜかというと金曜日は寶船の稽古の日。

ある意味で稽古の金曜日って一番つらい日かもしれないけど、その反面一番楽しい日でもあります。言うまでもなく、疲れたり失敗したり自分の未熟者さを痛くなるほど感じたり、踊りが大苦手の俺にとって稽古なんて偉大なる試練のようにみえる。でもたまに、踊ってるときに、楽しさが感じられる。ほんの少しの間だけで踊りを楽しむ。いくらはかない瞬間でも、その楽しさが感じられます。一応踊りを楽しめる瞬間はまだ4〜5秒に過ぎないと思うけど(笑)、とにかく踊りを楽しめるようになったのが確かです。

それはそれで以前と比べれば十分満足できる進展ですけど、最近更に驚くべき出来事がありました。大発見をしました。

踊りって心のセラピーだって。

踊りって日常生活の様々な嫌なことを忘れられるための意外と効率的なセラピーです。ほら、皆さん、毎日は色々あるんじゃないですか : 学校で上手くいけないこととか、仕事で残業が多すぎるとか、将来の不安とか、家族の愚痴とか、恋人とのケンかとか・・・しかしね、踊っているときそんなことなど心に魔法をかけられたみたいように頭から消えてします。すばらしいです。先週踊っていたら今まで感じたこともない自由さに抱かれた。

自分の世界に入り込んで周りの世界が消えてしまうほど集中して、俺の現実は「踊り」だけになってします。他の何も考えない。頭の中にも何もない。まぁ、俺の場合にはそれはいつものことかもしれませんけど・・・(笑)。とにかく、心も空っぽ。記憶も消えてしまう。仕方なく嫌なものが全部忘れてしまう。そんなことなど夢に過ぎない。何もなかった感じがします。何もない感じがします。ただ踊っている俺だけ。その瞬間悩みも苦しみもない俺が自由です。本当に自由です。嬉しくもない悲しくもない。ただ踊っているだけ。日常に結びつきられる鎖などひとつもない。踊りは俺のすべて。これ以上何も欲しくない、必要もない。まさに心身の最高のセラピーです。最高の最高です。

残念ながら、夢からあっと言う間に目覚まれちゃう。体力が足りなくて踊りのリズムが1〜2分で崩れてしまって現実に戻ってしまう。またみんなのリズムに合わせない、ステップを覚えられない、手足の動きも上手くやれない世界に入り込んでしまう。Real Worldへようこそ!あぁ、俺の有頂天も夢に過ぎない・・・泣

しかし、絶望には及ばない。不器用な俺でも出来ないこともない目的がはっきり見えましたから。なんとなく踊りのパラダイスを垣間見えた感じがします。その最高の自由さを目指して、その最高の瞬間を長くするように頑張ります!!全力で頑張ります!!

いつか寶船のみんなと踊って本番に出れるように頑張ります!!1年経っても100年経っても、絶対にみんなと踊れるようになります!!皆さんよーく見ておけ〜!!(笑)


以上、ルベンでした。
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 11:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ルベン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

楽しめないとね・・・

皆さんこんにちは〜!

ルベンです。
これから阿波踊り、創作舞踊などについて初心者の見方から書きたいと思います。
阿波踊りを発見したばかりの外国人の冒険が面白いかどうか分からないけど、一応語ってみたいと思います。
変な日本語を使ってしまうかもしれませんけど、勘弁してください(笑)。
よろしくお願いします!

阿波踊りの冒険か・・・
そうですね、リズム感もない音楽センスもない更に子供のころから踊りが大苦手だったの俺にとって阿波踊りなんてまさに冒険です。毎週の稽古が偉大なるチャレンジー。一生の挑戦かも。
え?どうしてこんな踊りも音楽も出来ない人間は阿波踊り連に入ろうと思ったって?まぁ、それはまた今度にしよう。(笑)

とにかくダンスの右も左も分からない俺は稽古に苦しんでるときが多い。一生懸命頑張ってもステップを忘れたり、手足の動き方など上手く出来なかったり、体力が足りなかったり、みんなのリズムに合わせなかったり・・・いろいろありますね。しかし、先週一番困っていたときたかし先生の言葉が救ってくれた。

「ただ音楽を感じて、楽しんでみて」って。

・・・

・・・

・・・

・・・なるほど。

やっぱりそうだ。

踊りは「楽しさ」です。

もちろん技術とかステップとか守らなければいけないルールが沢山あるけど、ダンスは基本的に「楽しさ」です。体が動きながら、音楽を聴きながら自分が楽しめないと全然踊れない。自分が楽しめないと観ているお客様にダンスの楽しさが伝えない。特に阿波踊りの場合にはポイントが楽しさだと思います。祭りとかでやってる踊りなので、みんなで踊る、みんなで楽しめるのが特徴です。楽しめないとダンスって意味がない。

というわけで、これから自分の能力不足などちょっとだけ忘れて踊りを楽しんでみたいと思います。命賭けて頑張るのがもちろんだけど、ちょっとだけ楽しめないとね!
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ルベン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。