2011年12月11日

選ぶ・選べない・選ぶ

どうもこんばんは!ハイテンション社会不適合者と友人に命名された佳祐と言います!(・∀・)
何でそんな命名をされてしまったかと言うと・・・それはまた後ほど(笑)

作文が大の苦手だった僕ですが、少しずつブログを書いていこうと思います。
よろしくお願いします!
今日は自分がいつも思うようにしていること(?)を書きたいと思います

まず始めに、僕は優柔不断です!!
飲食店で飯を食べに行くと、メニューを2択まで絞ってから10分以上(もしかしたらもっとかも)悩むくらいの優柔不断さです。

そんな僕がいつも考えることは「人生はいつも二択」ということ。
【左と右どっちに行くか】
【やるかやらないか】
【あれかこれか】
という二択がいつもあります。
みなさんにもあると思います、もちろん僕にもあります。

選んだ末に
(あーあっちにすればよかった)
(やらなきゃよかった)
と後悔したりするかもしれません。

僕はいつも後悔だらけ
(なんであっちを選ばなかったんだ)
(こっちよりあっちの方がよかったに決まってる)
などと思ってしまうことも多々・・・
そんなことわかるわけもないんですけどねw
思ってしまうんですよ。
そんなわけでいつの間にか選ぶことに臆病になってしまう。
その結果

選ばないことを選んでしまう。

よくわかんないですよね。
優柔不断で選ぶことができないと言ってるのに
選ばないということをすぐに選べてしまう自分がいる。
なぜ選ぶことを放棄することはすぐに選べるのに
その前の選べる時に選ばないのか。

怖いんでしょうねきっと。選んだときの期待はずれや裏切りがみんなもあると思います。

例えば学校の試験。
たくさんたくさん勉強し(よし!これなら高得点いける!)と自信がつき
いざ受けてみると(あれ・・・思ったほど取れてない・・・)
その結果
(勉強したってあまり点数あがらないんだから別にやらないでいいや)

これに似てるものだと思います。

ようは負け癖ですね。選ぶことに恐怖や臆病になってるんですね。
選ぶことを放棄することを選べば自分で選んだわけではないから楽という。
今の自分がそうです。選べないでいます。
なので友人からの遊びの誘いも「行けたら行く」と返して行かないことも
その結果、上記の「ハイテンション社会不適合者。」ハイテンション要素はどこから来たかは知りません(笑)
そしてまた(遊びに言ったら面白かったんだろうなー)と考えてしまう自分。
ダメ人間すなぁ


まぁ何が言いたかったかというと
・・・何が言いたかったんだっけ?w
まぁいい
なんでこんなことをブログに書こうと思ったかというと
・・・忘れちゃったw

書き始めた時は起承転結の結を決めてから書き始めたはずなのに
あいだの文章や言葉を考えてたら何が言いたかったのか忘れてしまったというねw
まぁいっか、最初だしねw

まぁ僕という人間がどんな人なのかという紹介にはなったんじゃないでしょうかw



(テキトーに)まとめます!

あなたの前には僕がいます
僕は言いました
僕「僕のズボンの右ポッケか左ポッケかを選んで
  必ずどっちかを選ばなきゃだめだよ。
  例えそれがどんなにあなたにとっていらないものでも受け取らなければならない
  君が選んだポッケに入ってるもの、それを君にあげるよ」

あなたは左ポッケを指差した
























僕「左ポッケにはあめ玉が一個、はいあげる」


















右ポッケには何が入ってたかって?教えないよ。

得したと思った?損したと思った?


佳祐でした!
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 03:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 佐藤 佳祐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。