2012年05月01日

稽古を見ていて

随分以前の産経新聞に、小学校受験学習法と言う記事があった。
最近の子供は体操のウォ−ミングアップをしただけで、「疲れた〜」という子供が多いとかいてあった。
連員が小学生の時も同じだったが、毎回「疲れた〜。」と言う子供が必ず退連していった。
嫌なことから逃げる為に「疲れた」と言うと書いてあったが、疲れたと言えば親が許してくれたのだろう。
体力も能力も持っている力は、使い切る事が必要である。
大人が上手に負荷をかけて、能力も体力も底をつくまで使わせるからこそ、成長するのだ。

産経新聞が実施した調査で、働くことに対し前向きになれない若者像が垣間見え、大学側が懸念を抱いているとあった。
原因は、過保護と過干渉で、ハングリ−精神が希薄化している。ゆとり教育の弊害で競争心がないという。学生は、働く目的意識も将来の夢もないと言う。
企業が求めている能力は、ねばり強さ・ストレス耐性やコミュニケ−ション力。

寶船の連員も同じような年齢の若者達だが、全く違う。
日々の稽古の中で、確実にねばり強さが身についている。
特に、5月に向けての稽古では、連員の成長に目を見張る。
時には稽古を中断して、テ−ブルを倒し、喧嘩越しの言い合いになる。
最初は、発言の順番など上面の言い争いであるが、徐々に内容の確信に入っていく。
稽古に集中できなかった連員も、演出の核心を見つめ始める。

演出家だけでは、作品は出来ない。
演出家の投げたボ−ルをどうやって投げ返すのか。
投げて投げ返して、必死にキャッチボ−ルをして、やっと答えが導かれる。
そもそも、演出家がすべて解っているなら、公演作品にならない。
稽古して、喧嘩して、悩み揉んで、やっと出口が見つかる。
大切なことは、作品に向かい真剣にしがみ付いて、心が裸になって生き直すことしかないようだ。
1日中振付演出を考えている人、稽古場の進行状況に気を配り、連員のモチベ−ションを上げる努力をしている人、出席確認のためにいつも携帯で連絡を取っている人(この為か、寶船は非常に出席率が高い)、移動の為にわざわざ親の車を出してくれる人、こんな状況で最高の作品ができるのか!と問題提示する人。振付に参加していない連員に一人づつ面接をして、一人一人の特質を引き出しているいる幹部連員。稽古が終わるとすぐに掃除を始める大学生。

これだから、バイト先でもすこぶる評判が良い。
ちょっと叱責されてもへこたれない。
連長や指導者に指摘されることが多いせいか、在籍年数が長い連員ほど忍耐力がある。
何か問題を起こしても、先輩や仲間が厳しく、時にやさしく指導している。
連員の問題解決の為、私のところに先輩連員から電話がかかってきて2〜3時間話し込んだり、悩んだり落ち込んでいる連員からメ−ルが来たりする。
将来どんな人生を送っていけば良いのか、何時間も仲間や指導者と話している。
こんな光景を見ていると、この子達は本当に寶船に在籍していて良かった。と思う。
こんなに自分の連員を褒めるのは、親バカだと言われそうだが、小学生から成長を見ている私にとって、これこそ奇跡なのだ。

本番では、踊り始めて200メ−トルで体力的な限界が来ている。
あとは、自分との挑戦をしているのだ。
そして、ミラクルを作り出す。
挑戦をし続けている人の姿は、美しい。
これからも、ワクワクする人生の作り方を一緒に学んで生きたい。
難しい課題だけれど、必ず助け合って素晴らしい人生の目標を選びとって欲しい。



 のりこ
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 紀子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

昇進が嫌い

昇進は嫌い。

知人から相談を受けた。つつじが咲くころに昇進の辞令がでそうだ。
どうしても昇進したくない。
数万の役職手当てなど要らない。
今までずっと、上司を批判してきたのにその立場になったら、自分もその人達のようになってしまいそうだ。
仕事は好きだし、何の問題もないが、昇進したら上から圧力をかけられ、下から突き上げられる。
そんな精神的に追い込まれるのはつらいので、仕事をやめたい。

私は、彼が20代のころからから知っているが、ずっと以前も昇進ストレスで企業を辞めた経験がある。
30代半ばに入り、安定した職に就きたいというので仕事を紹介したのだ。
実は、数年前にも仕事を辞めたいと相談があった。その時は辞めるなら早く決断して、新しい人生を歩み始めた方が良いとアドバイスしたことがある。
トップレベルの高校を出て、大学から就職する時もがつがつ就活したわけではないらしい。
与えられた仕事は優秀にこなすが、改革しない。
彼は、毎日母親が作ってくれたお弁当を持って出勤する。
40代を前にして、母親が結婚しろと、うるさいらしい。
本人も結婚したいし(少なくとも私は、そう聞いている)親も結婚させたいので、母親が結婚紹介所に登録したが、連絡が来たパ−ティに2回出席したのみ。
私にも、「誰かいないですかね?」と尋ねるので、友人が企画した町コンを紹介した。
すると彼は、申し訳なさそうに「自分は、その町を電車で通り過ぎるだけだから。」と辞退してきた。

彼のように、ハンサムでオシャレ、性格もよく仕事も出来るのに、自ら未来を切り開く努力が出来ない人を何人も知っている。
状況が変わらないなら、自分から状況を変える以外にはない、というあたり前のことをしない。
このままでは昇進し、ノイロ−ゼ気味になるか、仕事を辞めてフリ−タ−になる以外の道を見つけ出さないと思う。
そんな、未来が見えるようで怖い。

打開策なんて、マニュアルには書いていない。
上司から追い詰められ、逃げ場がなくなった時にしか打開策なんて見つからない。

寶船だってそうだ。
いつもいつも、いっぱいいっぱい。
いつもいつも、やっとやっと。
毎回、目の前が真っ暗になる。
だけど楽しい。だけどワクワクする。
追い詰められて、冷や汗かきながら、ぶっつかって行くと何か起きる。
失敗もいっぱいしたし、もう全部辞めたいと思ったときもいっぱいあったけど、
必ず新しい奇跡に出会えた。

もうちょっと。もうちょっと頑張れ。
あなたの能力と人柄なら、きっと回りがほって置かない。
必死でもがいていたら、必ず助け舟が出るよ。
だから、もうちょっと、もうちょっと頑張って欲しい。

一歩踏み出す勇気がないのは、みんな同じ。
あなたと同じ。
寶船は、エリートの集団ではいけど、必死になってもがく方法を知っている。
自分が挑戦する扉をこじ開けようと必死になったいるなけだ。
寶船は、沢山の「あなた」の為に踊り続ける。




のりこ
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 紀子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

愛のムチ

始めまして。
紀子です。

少し前の記事でごめんね。
2月14日付けの朝日新聞に、梅津昇一さんの(あの人とこんな話)記事が出ていた。
誰かが愛のムチを持ち、人材を育てなければ-日本人がどんどん利己主義に走る-という
くだりがあった。
「大人」と言われている私たちの中に、いったいどれくらいの人々が愛のムチを持っているのだろう。
周りを見回しても、残念ながら見つからない。
大人の幼児化が叫ばれて久しいが、幼児化のまま子供たちを強制すれば、虐待になる。
寶船を始めて、18年、連員の中にも、沢山の被害者を見てきた。
職場へバイトに来る学生も同じである。
高校・大学生になってもずっと親の顔色を伺い、自分の意見を持てない若者が多い。
大人の幼児化がこんなにひどくなったのは、私たちの世代(50代)からだろうか?
育てられたように、人を育てると聞くが、私達の世代は何も学ばないで年だけ取ったのかもしれない。
私の高校時代は、ちゃんと「先生」がいた。いつも熱く、情熱的だった。
あなた達は、未来の担い手なのよ。そう教えてくれた。
劇団に所属していた時も、20歳の若者と本気で大人たちが議論してくれた。
結局、最後まで平行線だったけど、劇団幹部と話をしていると、1人2人と劇団員やら制作部やらマネ−ジャ-やらが入ってきて、真剣な議論が繰り返された。
今でも(いや今だからこそ)自分の主張が間違っていなかったと思うけれど、色々な立場で色々な主張を聞くことが出来て、多角的にものを見る力や、知的能力が高められたと思う。
人生の恩師である橋本忍先生からは、本気で人生に挑戦している人を茶化すのは、暴力だと教えて頂いた。
愛のムチとは、親の思うような大人にすることとは、全く違う。
私自身の生き様が(かなり古い言葉かも)若者を刺激するのだ。
連員に本気で向き合うには、大変なエネルギ−が必要である。
いつ、誰がどんな問題を起こすか、わからない。
以前は、携帯が鳴るとひやひやしたものだ。
きっと、これからも色々な問題に直面するだろう。
それでも、正面を向いて、ひるまず、あきらめず、本音で付き合っていきたい。 


米澤 紀子
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 紀子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。