2011年12月07日

チビ太くんとノッポくん

身体の小さなチビ太くん、小さいことで自分を嫌いになる。
「いいなぁ、ノッポくんは。僕なんかチビだからなんにも出来ないや。」

身体の大きなノッポくん、大きなことで自分を嫌いになる。
「いいなぁ、チビ太くんは。僕なんかノッポだからなんにも出来ないや。」

身体の小さなチビ太くん、高い棚の荷物に手が届かない。
「ねえ、ノッポくん、あそこの荷物取って!」
ノッポくんは、身体が大きいので、
「お安い御用さ。ほら。」
「すごいなぁ、ノッポくんは。」

身体の大きなノッポくん、家具の間に落としたスプーンが拾えない。
「ねえ、チビ太くん、あそこのスプーン取って!」
チビ太くんは、身体が小さいので、
「お安い御用さ。ほら。」
「すごいなぁ、チビ太くんは。」

チビ太くんとノッポくんは仲良し。ある日二人は思いつく。
「僕ら二人、一緒にいればいいんだね!」

二人なら、高い木にだって、小さな穴にだって、どこにだって手が届く。
キミが持ってないものを僕は持ってる。僕が持ってないものをキミは持ってる。

チビ太くんとノッポくんは仲良し。二人いればなんでも出来るから。


わたるでした。
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

差別のススメ

楽しいときに「楽しい」と言うことは、退屈な時間への差別である。かっこいいものに「かっこいい」ということは、平凡なものへの差別である。

昔から、学校では差別をすることはよくないと教えられてきた。成績という差を付けられる場で、みんな同じということがいかに素晴らしいかと教えられた。

「黒人も白人も黄色人種も、男も女も、みんな同じ人間です。」

そして僕は、いつからか「いい」とも「悪い」とも言わない素直な子になった。上と下からプレスされ、平くなってしまった若者を僕はたくさん知っている。僕もその一人。

僕は、黒人じゃない。白人でもなければ女の子でもない。本当はそう思っていたのに、「みんな一緒」という価値観が自分を苦しめた。

阿波踊りや音楽を通して一番必要だったこと、それは差別することだった。まず第一に、自分を差別することが必要だった。「俺は黒人でもないし、ましてや俺はあいつじゃないんだ!」
山を作ったら、自然と谷が出来た。その谷にはやがて川が流れた。クリエイティブはそうやって、景色を輝かせる。

いいものをいいと言う。好きなものを好きと言う。許せないものを許せないと言う。それがより良い景色の作り方だと思う。

大人になり、芸能・仕事・恋愛・衣食住で必要とされていたのは、"みんな同じ"という「どれでもよさ」ではなく紛れもなく「唯一無二」の輝きである。

「笑いは差別だ」と中島らもが言っていた。その通りだと思った。

人種も性別も、才能も収入も生活水準も、容姿も考え方も話し方も、違うから人間面白い。同じじゃつまんない。

どっちが上か下かのちっぽけな論争はもういい。元々違うんだから。違うから素晴らしい相手にはリスペクトが生まれるし、俺はこうやってやろうと楽しみが増す。そんな愛のある、素晴らしい差別をしていきたい。

違う人間の心が一つになること、それが何よりグルービー。

毎日が勝負さ!
デカいことしようぜ!


渉でした。

posted by 創作舞踊集団 寶船 at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

寶船は世界へ

どうも、渉です。
今年海外進出をした寶船。
今回はそのハワイについて。


寶船がハワイで公演した時、僕は初めて海外へ行った。
海外がどんなものであるかはテレビで見て子供の頃から知っていたし、準備の段階でハワイのパンフレットや地図を見てるうちに、あたかもハワイはどんなところか検討がついた気持ちだった。

結局、綺麗な海があるだけ。あと暑くて外人がいて、まぁ町の人も優しいんだろうな、と思った。

行ってみてどうだったかというと、本当に想像通りだった。

しかし。

その予想を遥かに超える、とにかく遥かに超える魅力があった。
あれ以来、僕は毎日必ずハワイのことを考えるし、東京でハワイのお店やチラシがあれば間違いなく手に取る。
とにかく、取り憑かれたようにハワイにやられた。

なんだろう、僕はあんな経験を生まれてからしたことがないし、生まれて初めて故郷に帰った気がした。

おかしいと思うだろうが、誰かがハワイを馬鹿にしたら俺が本気で許さない!ってくらいの気持ち。
なんだろう、これ。

でもね、ハワイの観光が楽しかったんじゃない。それは言い切れる。海で泳いだ時、すごく綺麗だけども、まぁもういいやってくらいの楽しさだった。ショッピングをした時、こんなの日本でも出来るやって思った。

けど、阿波踊りを踊ったときはハワイっていいな!って思った。


「表現っていうのはね、言語や文化の違いは関係ないんだよ。言葉が通じなくても感動は伝わるんだよ。」

日本しか知らないのにそんなことを僕は思っていた。けれど、肌で感じた確信ではなく「そりゃそうでしょ」という理論的な思いだったと思う。だって、日本を出たことなかったんだもん。

海外で踊った。言葉は、「アロハー」しかほぼ使ってない。

けど、なんだろ…めちゃくちゃ感動したんだよなぁ。泣けるような感動じゃなくて、何も言ってないのにもう全部許してる感じ。しっくりきて最高だったんだよなぁ。

多分、自分を確認した感覚だったんだと思う。そう、思いっきりやれば伝わるよ!ほらね!

僕らは、心の奥底で自分を疑っている生き物だ。未知のものを怖がる生き物だ。その不安を知識で埋めたり、感情と自分を切り離したりする。

その呪縛が、「全く言葉すら通じない町で、自分を思いっきり表現する。思いっきり夢中で踊る」というただそれだけで、いとも簡単にほどけた。
思いっきり踊ったら、喜んでくれた!それだけ。
それで、「あ、俺、何で今まで自分をさらすの怖かったんだろう!」って不思議になった。

だから、ハワイに感動したんじゃない。自分を何のフィルターも通さず出したら最高に楽しかった!それに気付いた場所がハワイだった、そういうことかも。

頭で考えてわかってる事なんて、ほんの一握り。「やっぱり!」という確信だけでも、アクションを起こした結果ならば人生が変わる程の感動がある。

−−−−−−−−

嬉しいことに、色んな境遇に恵まれ寶船はホノルルフェスティバルで大トリを務め、翌日のカラカウアのパレードでは今や伝説となった地獄絵図のような限界を越えたパフォーマンスを繰り広げました。

これからも寶船は、海外からのオファーも増えることでしょう。そのたびに、その町やその土地の人々を大好きになりながら、自分達を思いっきり表現してくることと思います。

そして日本でも、僕が体験した感動は、逆輸入的に確信として感動できるのです。

毎日が勝負さ!
デカいことしようぜ!


おしまい


渉でした。
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

阿波踊りの起源は傾奇者にあり!

今日は、阿波踊り界でもあまり語られていない、阿波踊りの起源について掘り下げようと思う。阿波踊りをやってる方、起源を知らない方、知ってるつもりだけども詳しくはわからない方はぜひ最後まで読んでほしい。

道を練り歩く現代の阿波踊りのイメージは、「ぞめき踊り」と呼ばれ盆踊りが起源である。これは盆に迎え火を焚いてその周りを踊った精流踊りから始まったそうだ。
阿波踊りの最古の絵として有名な「阿波盆踊図」も、このぞめき踊りを描いたものである。画家・鈴木芙蓉がそれを描いたのは寛政8年1796年頃。しかし、その遥か前から、阿波踊りは存在したのだ。

ぞめき踊りよりも前に大規模な勢力があったのは「組踊り」と呼ばれている阿波踊りである。この踊りは中世に京都などで人気を博していた風流踊りを継承するものだそうだ。
天正6年1578年の盂蘭盆には、京都から風流の芸能集団を招いた記録があり、豪華絢爛で相当な人気があったようだ。

よく阿波踊りの起源を「徳島城築城の時に無礼講が許されて、それから踊られるようになった」というが、徳島城築城は天正13年1585年のことで、城下の民衆が踊ったのはこの組踊りで、ぞめき踊りではない。

つまり、この組踊りをまず深く知る事が阿波踊りの起源を知る第一歩になると思う。

組踊りとは、100から120人ほどの大規模な踊りで、華麗な衣裳や持物で観衆の眼をひきつけ、幻想の世界に人びとを誘うことを狙った贅をつくした踊りであったそうだ。もちろん現在の阿波踊りとは全く違うものであった。とにかく豪華絢爛、派手で大規模だったようだ。

この組踊りの精神を深く知るには、その時代背景を少し知る必要がある。

当時、江戸や京都では「傾奇者(かぶきもの)」が大流行していた。
傾奇者とは、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて、特に慶長から寛永(1596〜1643)に、江戸や京都などの都市部で流行した社会風潮である。異風を好み、派手な身なりをして、常識を逸脱した行動に走ることを「傾く」と呼んだ。

時代的にも、傾奇者の流行と組踊りの始まりは一致していて、傾く精神が風流踊りなどで阿波藩にも伝わり、武家奉公人や庶民に広まったと考えていいと思う。特に、徳島城が築城された1585年頃は、傾奇者の一番のピークだったと言える。

当時男性の着物は浅黄や紺など非常に地味な色合いが普通だった。しかし、傾奇者は色鮮やかな女物の着物をマントのように羽織ったり、袴に動物皮をつぎはうなど常識を無視して非常に派手な服装を好んだ。これもまた組踊りの豪華絢爛さと一致する。

こうした身なりや行動は、世間の常識や権力・秩序への反発・反骨の表現としての意味合いがあったようだ。
傾奇者達は、仲間同士の結束と信義を重んじ、命を惜しまない気概と生き方の美学を持っていた。その男伊達な生き方が共感と賞賛を得てもいた。

傾奇者の精神は「義」を重んじることであった。「義」とは「我の美」と書く。常識や世間体ではなく、真の自分自身の美に忠実に生きること、その生き様が傾奇者であり、阿波踊りの精神の起源である。

傾奇者の精神は、天下の傾奇者と呼ばれた前田慶次郎の伝記漫画「花の慶次〜雲の彼方に〜」で少し垣間見る事ができる。興味がある方は読んで頂きたい。

傾奇者の精神は、一方で「歌舞伎」として受け継がれ、もう一方では「阿波踊り」として受け継がれていった。それはやはりその生き様が、現代でも全く色褪せないほど格好良かったからだろう。

だからこそこれからも、己の美を命がけで貫いた「傾く」という精神を、なんとしても未来に受け継いでいきたい。

阿波踊りは、ただの娯楽ではない。阿波踊りという名の生き様である。表面的な動きばかりをなぞって、「阿波踊りっぽいもの」をすることは断じて阿波踊りではない。

寶船はこれからも、ぶれる事なく、「義」の心を忘れぬように踊っていくつもりである。




以上、寶船の渉でした!



また別の機会に、もう一つの阿波踊り、俄踊りについても話せたらいいなと思っているので、これからも愛読お願いします。

(年号などはWikipediaを参照)
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 18:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

宝が宝がやってきました!

本日は、寳船の秋公演【宝が宝がやってきた】にご来場、本当にどうもありがとうございました!


皆さんの表情、すごく素敵でした!


僕らも本当に楽しく夢中に、そして、自分達も少し涙目になりながら踊りました。


色んな気持ちで胸がいっぱいです。そして同時に、とても清々しい気分です。


寳船は、一生懸命頑張ること、一生懸命楽しむこと、そして色んな人と接しながら自分を越えていく素晴らしさを、これからも伝えられるように精進していきます。


この記事を読んで頂いたお客様て、もし秋公演の楽しんで頂けたご感想などがありましたら、ぜひBBSやコメント欄にお願いします!


本日はありがとうございました!!
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

ゲネプロ

今日は寳船の練習でした!


ついにあさっては、寳船秋公演「宝が宝がやってくる」です!

皆さん、準備はよろしいですか?

11時半OPEN、12時STARTですよ♪


当日は大変混雑が予想されるので、お早めにいらっしゃってくださいね!早い方から前列を確保できるので♪


後ろの方は、お客様の入り具合によって踊りが全身ご覧になれないと思うので、ご協力お願いしますm(__)m



さて今日の練習は、全体の通しリハーサル“ゲネプロ”でした。

衣装も小道具も全て使って、本番通りの練習。

当日のイメージが沸いて来て、今、すごく緊張してます!!!

image/2010-10-22T22:16:15-1.jpg
連員の皆、頑張ろうね!!



さぁ、泣いても笑ってもあさってが本番です。

悔いのないように全力で行きます!!!
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

練習中

image/2010-10-16T18:29:15-1.jpg

今日は12:00から21:00まで練習です♪


今帽子を使った踊りを練習してます!!

posted by 創作舞踊集団 寶船 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

インタビューでした

今日は、次回の秋公演で演出を担当する、米澤陸のインタビューがありました。

『宝が宝がやってきた』の見所から、すごく深い話まで、色んなことを話したようです。


はたしてどんなインタビューだったのか!?


近日HPに公開されるようなので、お楽しみに♪



秋公演のチケット、今の時点で100枚くらい売れてるようです。

前々回の、お客さんが集まりすぎて混雑した反省もありますので、120枚くらいでソウルドアウトにします。申し訳ありません。


残りわずかなので、お早めにご予約ください。


予約する
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

練習に励んでます

image/2010-10-03T00:39:28-1.jpg

先日も寳船の練習がありました。


人生で思いっきり何かに打ち込めることは、すごく嬉しいことです。

生きている時間を、全力でキラキラさせましょうね!

力のかぎり全速力で走って、疲れきってぐっすり眠て、たくさん悩んで頭がパンクして、矛盾して開き直って、夢中になって全力で汗をかいて、笑って笑って、その後ちょびっと切なくなったりする。


いいなぁ。面白いこと、たくさんあるんだもんなぁ。

僕らは、同じ山を色んな方法で登っているのです。


■2010/10/24(日)
寳船 秋公演
『宝が宝がやってきた』

場所:新宿JAM
OPEN/START 11:30/12:00

チケット予約はこちらへ


***************

演出の米澤陸によると、今回の秋公演のテーマは『お母さん』だそうです。

どんな人にも必ずお母さんはいます。



さて、どんな秋公演になるのか、皆さんお楽しみに!


※写真は、練習後の寳船ガールズの皆です!
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

合宿行ってきましたー!

わー!!
更新遅れてすいません!

このブログを楽しみにしてくれている、世界中の185520028人の皆様、いつもありがとうございます!


さて、

寳船の秋公演も、約一ヶ月に迫りました!

ブログの更新は滞っていましたが、寳船は猛練習に励んでいます。


先日の土曜・日曜日は、秩父へ合宿に行きました。

image/2010-09-29T18:48:33-1.jpg
夜までとことん練習。すごかったです。

この季節に、一日7時間以上も阿波踊りを踊ってる連って、他にないんじゃないでしょうか!?

そして、連員の皆の集中力も素晴らしかった。誰も弱音を吐かず、楽しんで練習していました。

秋公演は普通の公演とは違い、演出や振りの内容を練る時間が長いのですが、そんなピリピリとした雰囲気も、皆でいい方向へ持っていこうという感じが伝わってすごく良かったです。

その場だけ楽しもうと思えば、浮ついて楽しむことも出来るわけですが、皆それをせず、真剣に取り組んでくれています。

この合宿で、また一段と絆が深まったんじゃないでしょうか!
いやあ、このメンバーと秋公演が出来て幸せですよー。



皆さん、本当に全員一生懸命やっていますので、ぜひ見に来てください。



秋公演まで、小まめにブログ更新しますので、見てくださいねー!


※写真は、合宿の練習場にて。
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

中村橋阿波踊り終了!

image/2010-09-08T14:00:58-1.jpg

終わってしまった

夏期の寳船公演、全日程終了。

すがすがしい。
俺は今、実にすがすがしい。

***************

遅くなりましたが、先日の中村橋阿波踊りで寳船をご覧になった皆さん、どうもありがとう!

限界までやりましたよ。自分が培ってきたものを全部出し尽くすように踊りました。


前にも、この日記で書いたことあるけど、

普段の生活で、『本気』になる時間ってなかなかないものです。


仕事にしろ家庭にしろ学校にしろ、気持ちがいっぱいいっぱいになることはあっても、

心と身体の両方を本気にさせることは、案外少ないものです。


『本気』になれる対象があることだけでも、素晴らしいとも言えます。


寳船は、やりました。それも、全員。同じ気持ちで踊りました。


あの、お客さんも含めて一緒に燃えた経験は、ずっと消えずに皮膚感覚として残りそうです。



飛び入り連に参加し、一緒に踊ってくれた皆さんも本当にありがとう!!



汗かいて踊り方もわからずとにかく叫んでジャンプしていた皆さん、素晴らしかったです!!無我夢中に阿呆になること、それが阿波踊りなのです。


***************

さあさあ!!

燃えつきてる暇はありません!!!

10/24、秋公演!
次の練習からは、もう秋公演の鬼の練習が始まります♪


来てくださいね!


ご予約は

ご予約は、枚数・お名前をこちらへ
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

稲城阿波踊り終了!

昨日は稲城阿波踊りでした!

稲城の阿波踊りは、川が近くにあったり、雰囲気がのどかで、温泉街にいるような気持ちになります。

あの、ゆったりした雰囲気が稲城ならではで好きです♪

去年見て寳船のファンになって頂いたお客さんもたくさんいて、僕らとしては嬉しいかぎりです!


パワフルでソウルフルな踊りを武器にまた来年も踊りに行きますので、皆さんまたお会いしましょう!


10/24の秋公演のチケットをご購入して頂いた皆さん、どうもありがとうございます!チケット、まだまだ発売中です!まだのお客様は、ぜひHPからご連絡下さい♪


帰りに、駐車場で去年から寳船のファンになって頂いたお客様に声を掛けて頂きました!!

記念に一緒に写真を撮りましたよー★

image/2010-09-05T12:57:05-1.jpg

お話できて嬉しかったです!どうもありがとうございます!


***************

本日は、夏期の公演のラスト、中村橋阿波踊りです!!

泣いても笑っても、夏は今日で最後!!

最後ということは、全て出し尽くしていいということです!!!!


一緒に爆発しましょう!

うぉぉぉおおおお!!!



※寳船のスタートは、5:28から。流し踊りは4本です。

ラスト10分は、セブンイレブン前で組踊りを行います!!是非お集まり下さい!!

セブンイレブンは、スタート地点から少し駅側に歩いたところです。



よろしくベイベー!!!
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 13:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

下北ベイベー!!!

下北沢の皆さん、今日はありがとうございました!!


寳船は皆さんと一つになれて俺達は幸せです!


***************

もし

今、この瞬間までの自分の人生を自伝にして出版するとしたら、


皆さんは最高に面白い自伝になるでしょうか?



俺達寳船は、

今日までをまとめた人生の自伝は、胸を張って最高だと言い切れます。


そして、自伝の最後の1ページを、下北の皆さんと一つになれたことを書いて、手を抜かずに生きることは素晴らしいと締めくくるでしょう。


明日からも、俺達の最高な自伝は続きます。



あなたの人生の自伝も、最高なものでありますように。





わくわくしてハラハラしてドキドキして、たくさん食べてたくさん笑ってたくさん泣いて、たくさん生きてて良かったと思える人生にしましょう!!!!!!



「I Love You!!!」
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

あの感じ

わたるです。

今日もさっきまで練習。たくさん汗をかいて、たくさん踊って、たくさん笑った。


先日、徳島から帰って来た。町中が凄い熱気だった。そして情緒に溢れていた。


東京で、人混みに揉み合いながら「周にいる人は全員“他人”だ」と思う感覚。それが不思議と徳島にはない。

まるで一つの生き物みたいな一体感。なんてピュアなんだろうと思った。

熱狂し、笑い、身体を揺らす。そこに矛盾がない。


空間が充実していた。息を吸うのも、踊るのも、かき氷を食べるのもね。


本場の阿波踊りは、東京のそれとは決定的に“空気"が違う。


阿波踊りってのは、この空気なんだろう。


落語家や芸人が空気に命を懸けるように。ミュージシャンが空気に命を懸けるように。



阿波踊りも空気である。


感じた人しかわからない、あの感じを俺達もやりたいのだよ。


徳島で僕らの踊りを見てくれた皆さん、ありがとうございました!


さてさて、明後日は下北沢!!


下北沢の皆さん!!



期待してていいです!!

今年もすっごい寳船をお見せします!



下北沢でお会いしましょう♪
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

写真が届きました!

7月24日に行われた、経堂祭の写真が届きました!

image/2010-08-03T15:20:548

image/2010-08-03T15:20:547

image/2010-08-03T15:20:546

image/2010-08-03T15:20:545

image/2010-08-03T15:20:544

image/2010-08-03T15:20:543

image/2010-08-03T15:20:542

image/2010-08-03T15:20:541

image/2010-08-03T14:53:531


posted by 創作舞踊集団 寶船 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きたまち阿波踊り終了!

先日のきたまち阿波踊りにお越しくださった皆さん、ありがとうございました!

暑かった!滝のように汗が出ました!!
本気になって汗をかくのって最高です。


気に入ってくれた皆さん、またぜひ遊びに来てください!
10月24日に新宿JAMで秋公演も行います。


さて、次回の寳船は!

8月8日(日)
東林間さまーわぁにばる

です。
詳細はHPで!

応援よろしく!!!



※以前のblogで、東林間の公演日程を8月7日と間違えて明記したことがありました。
正確には8月8日です。よろしくお願いします。
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

経堂まつり終了!

2010年、二発目の経堂まつりが終わりました。

見てくれた皆さん、どうもありがとう!

個人的に、昨日の神楽坂で出し切れなかった悔しかった気持ちがあって、それを乗り越えようと戦った夜でした!

すげえ燃えました。アキレス腱が切れてもいいと思いました。

やっぱり、全力って素敵です。まだ見てない皆さんにも、早く2010年の寳船を見せたいです。


次回の公演は、来週の土曜日、練馬区北町での公演です!



皆さん、もちろんですよね?
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神楽坂終了!

image/2010-07-24T15:50:111

昨日は神楽坂阿波踊りでした!


夏期の公演、一発目!


すごく燃えました!
見てくれた皆さん、ありがとう♪

夏はまだまだ始まったばかり!

これから、各地でたくさん踊って行くのでまた見に来てください!!


今日は経堂阿波踊りです!


頑張ります♪
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

本日、神楽坂!

阿波踊りシーズンがきたー!!

本日は神楽坂です!


スタート場所は、毘沙門上のうなぎ屋さん「ふなちゅう」前周辺からです。


ぜひ応援に来てください!今年の寳船も、すごいことになってますよ!!
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 11:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

夏へ向けて

春公演が終わり、
すでに寶船は、メインシーズンである夏に向けて練習が始まっています。

昨年から、オフシーズンである冬と春に自主公演を2回行い、どちらも内容の違ったパフォーマンスを行った私達。

その2回とも無事成功に終わり、寶船が阿波踊りという枠から飛び出し、阿波踊りを軸にした新しいパフォーマンス集団であることを証明できたと思っています。

次は、メインシーズンの阿波踊り会場で、観客を掴むことが目標です。そう、2回のライブハウスで固めた僕らのスタイルに磨きをかけて。


見ていて下さい。


昨年までより、興奮・完成度・余韻…どれをとっても上回る寶船になるでしょう。



寶船の皆、
手加減なしでやっちゃおうぜ。
posted by 創作舞踊集団 寶船 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 渉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。